良いお引越しのために-引越し方位鑑定でお伝えしていること


8月頃から引越し方位鑑定のご依頼が少しずつ増えています。
みなさまそれぞれのご事情がありお引越しされていらっしゃいます。

8月には、数年前に鑑定にいらしたお客様がこのたびめでたくご結婚ということで新居へ移る日程のご相談にお見えになられたこともありました。

以前に鑑定したお客様が幸せになってまた再会できるのは嬉しいことです。

幸せ事で転居される方は、なぜかすんなりと希望の時や場所への吉方位の取れる時が見つかりやすいです。

そしてこれは鑑定の際にもお客様にお伝えしていることなのですが、もちろん方位の力を利用するのも大切なのですが、他にも同じくらいに新しい住まいや新しい土地に移るのに大切なことがあります。

それは、その土地のエネルギーお家の中の風水ですね。

その土地のエネルギーに関しては 、サイト内の引越し方位鑑定のページでも触れているのですが、どんな土地であるか?についてです。
昔からの閑静な住宅街や落ち着いた町ならば良いのですが、昔はもともと古戦場であったとか、墓場だったとか、屠殺場があった土地とか、沼や川を埋め立てて造成した湿気の多い土地やワケありの格安物件などはどんなに吉方位であったとしても絶対にNGです。

どんどん運が衰退していってしまいます。

また神社仏閣などのすぐ近く、特に神様の通り道の霊道に当たっているような場所に住むのも避けた方が良いですね。
これはご眷属様などの神様の怒りを買ったりして、なかなかとても大変なことになるようです。

サイトのページ内では「古地図で確認する」といった方法をご紹介したのですが、昔そこはどんな土地であったか?を調べるには、市区町村の土木課に行って尋ねますと、ここは昔はどんなものがあった場所でしたよということが分かる資料で調べてくれるそうです。

辿れる限りかなり古い時代のことまでも分かったりするそうですので、役所に行けば誰でも利用できる公共のサービスですからこれは利用しない手はないですね。

新築のお家を建てたり、マンションの購入を検討されている方は是非調べておくと安心してお引越しができますよ。

またお商売の物件を探されている場合には、方位や賃料の安さのみでなく前の持ち主がなぜその物件を手放したのか?どれくらいのスパンでその物件の借主が変わっているのか?などもしっかり調べてから契約した方が良いです。

前の借主が撤退した理由(経営不振による倒産・廃業)によっては、自分も同じ目にあう確率が非常に高くなりますのでその物件を選ばない方が良いからです。

またお家の中の風水についてですが、これも実は結構大切。
お客様の中にはもう引越す物件を決めてから鑑定に見える方も少なくないのですが、
鑑定の際には「こういう物件だけは避けた方が良いですよ」ということをお伝えしています。(ここで言う「こういう物件」とは、特に女性が良いご縁に恵まれにくくなり、男のように一人で一生働き続けなければいけないといった状況になりやすい間取りのこと、あるんですよ、こういうの~、異性運がもともと悪い場合、こういう物件と縁ができやすくなります。)

悪い風水環境の家に住むことになるのは、もともとその人が持って生まれた運勢的なことともリンクしているようです。

そして、引越しの吉方位は基本的に月盤を使って割り出します。
月の盤ですので、何月が良いですよという鑑定となります。

なぜならば、月の盤は影響力の続く期間が5年程度と長いからなのです。

その点、月の盤は無視で日盤のみを使った場合の「この日が良いですよ~」というのは、日の盤ですと、効果の持続期間が5ヶ月程度と短いので、5ヶ月以内にまた引越すことが確定しているというのならばかまいませんが、普通は何年間かは住むわけですので引越しの際には月の盤を重視するのです。

日盤は短期間の旅行などに使います。

またちなみに「今年はどの方位!」の年盤はこれは奇門遁甲では一般人が引越しの際に使うことはありません。

月の盤でお引越しの吉方位を選ぶ際、一年に12個しか盤はありませんので、もうすでに引越したい場所や物件が決まっていて、「3ヶ月以内には引越したいのですが良い日取りはありますか?」といった場合には、たまたまその3ヶ月以内の月盤に希望の場所が吉方位に当たっているものがあれば良いのですが、そんなものは非常に稀で、仕方なく持続効果の短い日盤から選ぶより仕方なくなってしまうというわけです。

ですので、ずーっと長きに渡って住み続ける終の棲家への引越しをぜひとも吉方位で!とお考えになられている方は、ぜひ2年から3年程度前の鑑定をおすすめいたします。

準備期間が長ければ、良い風水のお家を選ぶこともできます。

また、アパート・マンションの契約更新をしたばかり、次の更新は2年後だけど次はどうしょうかな~というような時、それこそそのタイミングで引越し方位鑑定でどの時期にどの方位に移るといいんだな~ということを確認しておくといったように利用されると、とっても良いと思います。

また、奇門遁甲での吉方位を出す場合、大切なのはその人にとってどの干が運を良くするために必要で、どの干は良くないということを四柱推命の観点で見分けられることです。

またいらしたお客様には説明しているのですが、四柱推命で見たその時の運勢が芳しくない場合、吉方位の効果はなかなか発揮しずらいといった特徴があります。
その反面で、運勢の良い時に吉方位を取ると吉方位パワーの発揮具合のレベルがグンとアップします。
ですので、運勢の良い時に引越しや旅行をなさると、う~んと運勢の上昇が望めるというわけなのです。

せっかくの吉方位でのお引越しならば、ぜひ運勢の良い時に良い方位へ!と私はおすすめしたいです。

私も引越しはしないのですが、丁火の干が巡る今年は自分にとっと勉強運の良い開運期の時期に当たっていますので、ますますの勉強運上昇を狙って、勉強に関わる印綬の干で吉格が取れる時に小旅行をしようと計画しています。
「だったら方位取りの旅行なんかしてるよりも、家で勉強してればいいんじゃないの?」という声も聞こえてきそうですので、、、もちろん遊んでばかりでなくて、勉強道具や資料を持参しての一人合宿状態の旅行です。

ということですので、方位のみでなく今やこれからの運勢を確認することも大切なのです。
お得な引越し方位鑑定プラス運勢鑑定のコースも作りましたところ、こちらをご利用されるお客様が多くなりました。

色んな人の命式を見ていますと、起った事いい事悪い事の、おおもとになるのは、やはり自分の持って生まれた運勢から生じていることが多い、悪いと言われる方位に引越すことになるのも、巡って来ていた運勢に誘発されての事というのが、見えてきたりします。

ですので方位のみでなく自分の運勢を知るということが大切ですね。
引越し方位鑑定も計画的にご利用なさって、ぜひ良いお引越しを!

引越し方位鑑定の料金など、詳しいことはこちらのページでどうぞ。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする