1. 子育て占い(ひなた)トップページ
  2. 子育ての悩み解決占いコラム集
  3. うちの子が家を離れるのは早い? 遅い?

うちの子が家を離れるのは早い? 遅い?

わが子がいい大人になっても、いつまでもパラサイトシングルの独身で実家で両親と一緒に暮らし、独立して行く様子が全く見えないというのも不安なものですね。

でも、成人するかしないかの、社会に放り出すにはまだまだ不安で心許ない年代のわが子が、突然家を離れることになってしまった!!というのも親にとっては、なかなか衝撃的で受け入れるのに大変なことだと思います。
そんな、若くして生家を離れて行ってしまうという運を持った人かどうかを四柱推命の占いでは見抜くことができます。

四柱八字の年柱と月柱は、先祖や両親および生家を表す部分です。
ここが、"合去(ごうきょ)" および "冲去(ちゅうきょ)"といって消えてなくなってしまう人がいます。

こういう命運を持った方は、自分の生まれ育った家や両親とは縁が薄いため、若くして家を離れて行く傾向にあるのです。

若いといっても、25歳から30代という年代ではなく、もっともっとその下のまだ職業も定まらないような10代の少年少女の年代です。家を離れる原因は良いこともあれば、良くないこともあり、その方の運勢の良し悪しによって左右されますね。

例えばこんな様な事情です。

・高校生のうちに留学が決まり、海外に行ってしまってそのまま現地で職につき、生活基盤も向こうのままで帰ってこなかった。



・高校生くらいの年代で、寮に入ったり、何らかの師匠の下で内弟子になるなどして家を離れてしまった。



・女の子特有の事情ですが、16歳で結婚が決まってしまってお嫁に行ってしまった。(できちゃった結婚かもしれませんね、注意しなくちゃ!)



・極端な例ですが、親の借金が原因で一家離散など。(これは親御さんの命式をあわせて見るとはっきり分かりますよ。)


昔々の映画「三丁目の夕日」の時代にさかのぼると、赤い頬っぺたをした中学を出たばかりの少女が集団就職で田舎から東京の親方の所に出て来るというのも、きっとそうでしょうね。

実際、私の父も10代の半ばに九州の田舎から就職の為に東京に出てきて、それ以来ずーっと東京で暮らしていますが、その父も実際に、年柱と月柱が消えていて早く生家を離れる典型の命式をしています。

また、知り合いの外国人女性の場合ですが、彼女は10代のおわり頃から、祖国を離れて東京でそのまま暮らし家庭を持ち、その後20年以上ずーっと東京で生活をしているという人です。 
やはり同じく早くに生家を離れる命式でした。

理由は様々ですが、「その日」を迎える時、「親として、家族として、この子にと一緒にいられる時間は思っていたよりもずーっと短いものなんだな。」ということを思い知ることになるのでしょうね。

実際に、私の一番上の娘も何とこの早く家を離れて行ってしまう運を持っているのです。(現在中学生)

四柱推命を勉強して、「ついこの間まで、赤ん坊だったあの子に、母親として、家族として、一緒にいて上げられる時間は、後ほんの数年しか残されてない…」 この衝撃の事実を知ったわけで、一日も早く大きくなって子育てから開放されたいと思っていた私でさえ、ちょっとショックな事ではありましたが、ある日突然さようならというよりは、心積もりのできた状態で残りの数年間を過ごした方が、よっぽど後悔なく充実してその日を迎えられるに違いありません。

年柱と月柱の "合去(ごうきょ)" と "冲去(ちゅうきょ)" は、大運や流年、または天地徳合(てんちとくごう)というものによって、消えていた年柱と月柱が戻ってくることもありますので、鑑定には正しい知識と慎重さが要求されます。
(年柱と月柱が戻っている時期には、若くして家を離れることはありませんので、ご安心?下さい。)

 

 

無料運の良い子に育つ子育てメルマガ登録

四柱推命で開運子育てコラム集

四柱推命の子育て活用実例

子育てお悩み解決ブログ

どうして四柱推命で性格や適性が分かるの?

お客様からの声

鑑定のご依頼はこちらから

鑑定のご依頼はこちらから

 

 

占いサロンひなた本サイト
占いサロンひなた

「子育て占い鑑定」は「占いサロンひなた」が運営しています

 

 

 


トップへ | 四柱推命で開運子育てコラム集 |  鑑定の流れ | 料金について | お客様からの声 | よくある質問 | お問い合わせ | 免責事項
鑑定ルーム・住所アクセス | 鑑定のご依頼 | 惣野結麻プロフィール | ひなたブログ | 特定商取引の表記 | 個人情報保護について | サイトマップ