シンクロを起して奇跡を起すには?

占いサロンひなたの綾野結麻です。

昨日は、午前中の対面鑑定が終わった後に、急いで調布に向かい1時半より始まった、
心理カウンセラーのきつねさんこと加登鉄平さんの
「古くやさしい魔法の生き方ワークショップ」に参加してきました。

たまたまフェイスブック友達からこのワークショップのことを教えてもらって、
内容は「簡単な呪文で日常にシンクロを起す方法や、夢が叶うしくみ、問題を無くす方法を、
クラシックな魔術を通して分かりやすくお伝えします」ということだったので、
「面白そう♪」と思い参加してきました。

きつねさん、なんて昔話に出てきそうなかわいいお名前ですが、
ユング心理学を真面目に研究してきた、心理カウンセラーの先生でした。

それで、スプーン曲げの実習をしました。

それでワークショップのテーマは「人前でやったらウケる、スプーン曲げのやり方のコツ」ではなくて、
スプーンという金属に対する、既成の概念を浄化・ブロックを外すことによって、「スプーンは金属でできていて硬いから絶対に曲がらないんだ」という心のブロックが外れて、とてもじゃないけどできないと思っていたことがいとも簡単にできるようになる、ということを体感するためのものでした。

参加者のほとんどが女性でしたが、きつねさんが教えてくれた簡単な呪文をとなえるだけで、みなさん見事にクニャっとスプーンがまがってしまいました。

それを応用して実現したいことを実現させようという内容のワークショップでした。

昨日はちょうど新月の日で、「どうして新月の願い事は叶うのか?」というどの本にもかかれていないような、心理学ならではのウラのカラクリを時間をかけて丁寧に説明してくれて、これは知っているのと知らないのとでやるのでは、効果の見え方も違ってくるよねーと感心いたしました。(対面鑑定で興味のある方にはお教えいたしますよ!)

どうやら私たちは「あれはできない」とか「これが嫌!」思い込みって自分が知らないところで沢山抱えているようです。それがシンクロニーシティーという奇跡を起すための妨げとなっているんだということを実感したひと時でした。

それで、その日のワークショップで偶然というかシンクロニーシティーというか、何というか、本当に偶然になんだか最近気になっていた、昔長女が生まれる前まで勤めていた会社の先輩に十数年ぶり以来の再会してしまうというびっくり体験をしてしまい、お互いに本当にびっくりするやら嬉しいやら!

これってシンクロでしょうか?

それで、ワークショップの中では、自分の願望の裏側にいる影の部分を浄化するという実習をスプーン曲げのときと同じ呪文で行ったりしました。 これをやったら眠くなるよと言われましたが、本当に眠くなり、その日の夜は大爆睡でした。

それで、その日私は夢を見ていました。普段はめったに夢を見ることはないのですが、珍しくその夜は夢を見て、その夢の中で私はもの凄く怒っていました。何に対してだか忘れてしまいましたが、とにかくもの凄く怒っていて、怒りの対象の人に叫ぼうとするのですが、追いかけても逃げて行くし、どうしてだか声がだせなくて、叫びたいのに叫べない、という夢を見ていて寝坊しました。

最初は嫌な夢を見たなあと思いましたが、「これは、自分が深層意識の中に抱えていた、奇跡をキャッチするのに障害になっている感情が浮かび上がってきた!」という気づきに、目覚めて行く意識の中でシフトしていました。

この怒りの原因の根本はまだ分かりませんが、私なりにフラワーエッセンスを使って、心の浄化をして行こうと思いました。
怒りの根本の原因にも気づけるかもしれません。

こういうアプローチは心理学では開放型といわれるもので、理想像や目標をしっかり設定して、それを心に刻み込ませるというアプローチとは逆のものなのですが、いやいやどのアプローチの方でも真面目に開運法を研究している方たちは本当に熱心で、志が高いです。

きつねさんは、みんなに沢山使ってほしいからと、あの内容盛りだくさんの、個人別ミニセッションも含んだ5時間にも及ぶワークショップ
で会費たったの2000円しかとりませんでした。

私たち占術の研究をしている人間も、占うことだけの限界は充分に感じていて、色々な開運法のことについて、熱心に研究しています。
紫微斗数を勉強しに行った神戸の田中風州先生のところでも、受講生の半分はプロの占術家で、そういう人たちが集まると必ず「あの○○術は効果ないね」とか「あそこのあれがとっても良かったよ」とか「自分の実体験ではこれが良いですね」とか、そういう話しになっていました。

今お世話になっている東海林秀樹先生も同様で、それはそれはもう、開運法の智恵の宝庫の方です。話しが尽きません。

でもそれは、自分自身の幸せのことももちろんあるのですが、それが伝播していつかきっとみんなが幸せな世の中になることを真面目で熱心な占術家は望んでいるからなのです。

mage
私が人生初で曲げたスプーン。簡単にクニャっと曲がっちゃいました。