「前に、占いでひどいことを言われた!」という方によく出会うんです…

ひなた四柱推命鑑定ルームの綾野結麻です。

久々のブログ更新になってしまい、すっかり梅雨というか初夏ですね。

たまに降る恵みの雨で、あじさいさんたちが喜んでいるのを
感じる今日このごろですが、
みなさま、いかがお過ごしですか?

さて、今日の記事のタイトルにありますように、私、仕事柄、

「占いでひどいことを言われて、
立ち直れないくらいショックを受けた!!!」
とか、

「高いお金を出して鑑定してもらったのに、
鑑定時間中、ずーっと、
セクハラまがいの事ばかり言われた!!!」
とか、

中には、脅迫まがいのことまで言われただのと、
そんなお怒りと悲しみのキモチを抱えていらっしゃる方に良く出会うので、

そんな、「あなた、そんなの消費者センターに
通報しなきゃダメじゃないの!」

と言いたくなるような占い師がそこかしこに存在しているのかと、
その度に開いた口が塞がらなくなるほど、びっくりします。

そういう占い師に遭遇された方は必ず、
「その時の私がフラフラしてたから、自分で引き寄せて招いちゃったんだよね。
高い授業料だと思ってるよ。」

とおっしゃるんですね。
まあ、確かに突き詰めれば極論はそうなのですが、
占いや占術の専門家に相談したくなる時というのは、
占いハウスみたいな場所でお遊び気分でワイワイ
ということもあるでしょうが、
大抵の場合は、どんな人でも真剣に悩んでいることがほとんどです。

悩んでいて助けが欲しい時は、大抵の人は、
自分の心の軸がグラグラで、簡単に他人から良いようにも
悪いようにも影響されやすい、あやうい状態なのです。

ですから、まず私の場合は、
「この方は、表面の意識ではこんなことを言っているけど、
誰にも影響されていない、持って生まれた魂の気質では、
本当はどうしたいのかな?」と
その方の四柱推命の命式や、最近取り入れ始めた
紫微斗数の命盤から読み取って、

悪い結果がでたのならば、どうしてそういう結果なのかを
その根拠を分かりやすくお話するようにしています。

そして、改善策もね。

決して、ウン十万もする壷を買えとか、祈祷を受けろとか、お札を買えとか
そんなんじゃありませんから……。

そうやって、本来の悩みや困りごとに取り憑かれる前の
健全な状態に戻ってもらう、
そのお手伝いをするつもりでやっておりますので。

ですから、占い師を選ぶ時は、是非時間をかけて
「このヒト!」とピンとくる人をじっくり探してからにしましょうね。