光の射すほうへ行こう!

こんにちは。
ひなた四柱推命鑑定ルームの綾野結麻です。

今日の対面鑑定中に、お客様とお話してて、
私とお客様との意見がぴったり合ったこと。

それは、
「世の中の人の幸運・不運の量は、平等ではない」
ということ。

お客様がおっしゃるには、
「よくね、スピリチュアル系の人って、
人の一生の幸運の量と不幸の量はみんな同じで
平等っていうけど、あれ絶対ウソだと思うわ。

だったらどうしてとても恵まれた一生を送る人もいれば、

幼いうちに酷い犯罪に巻き込まれて命を失う子
がいるの?」

そう、私は仕事柄色々な方の命式・命盤を読ませて
頂いていますが、本当に残酷で理不尽なほどに
人の運というのは、良い人もいれば、
気の毒なくらいに悪い人もいる。

もっと言うと、日本という豊かな国に生まれた人と
ろくに教育も医療もうけられないような、
途上国の貧しい家に生まれたということでも
これ、生まれながらにして運命的にものすごい
差があるわけです。

悲しいながらもこれが現実です。

その残酷なほどに悲しい現実も見えてしまうのが
その方の運命を読む私の仕事だったりします。

運命学で、これから厳しい運気がくると分かれば、
そして、今厳しく辛い現実の中にいるのが分かれば、

辛く苦しい闇に引き込んでいく力を少しでも抑え、
光の射す方へ向かうお手伝いをするのが
私の役割だと思っています。

明日の一日も、皆様にとって良い日でありますように。