空に太陽と星が輝く時―中島美嘉さんの命式

こよみ上では春になったとはいえまだまだ寒い日が続きます。

春はもう少し先の受験本番シーズンたけなわのこの頃ですね。

結果を待つ人、もうめでたく桜の花が咲いた人、また来年の再チャレンジが決まった人などなど色々と吉凶(?)が入り混じっている状況のことと思います。

今年の干支は辛丑(かのえうし)年ですね。

この辛(かのえ)は、宝石などの貴金属やカミソリや針などといった物に例えられます。

でも丙(ひのえ)が太陽であるならば、辛は夜空に輝く月といったように月に例えられることもあります。

夜空にキラリと輝く天体のことでしょうから、私はこの際辛は星でも良いのでは?と思ったりします。

次の命式はある女性のものです。

年 癸亥
月 甲寅
日 戊寅
時 ●●

大運 5乙卯  15丙辰  25丁巳

壬亥の強い財の年柱が日柱の戊亥と合していて金運の強い人の見えます。

生まれた時刻が不明で時柱が分からないためちゃんと喜忌の判断ができないのですが、春先の弱い戊土の日主が月柱の甲から剋されて丙火が調候用神の役割を果たしたのかなと思えます。

調候用神が命式で良い役割を果たしますと精神的に気分良く過ごせるといったことの他に周囲からの助けや人気に恵まれやすいなどといった良い作用が働きます。

この大運の丙の太陽と年干の辛の星が天干に現われ一緒に干合でつながり輝く辛巳年2001年に歌手として彗星の如くデビューを飾った中島美嘉さんの命式です。

丙は調候用神、辛はこの命式にとっては食傷に当たり才能や技術ですね。

人気運の力と彼女の歌手としての才能や技術が組み合わさって起こった奇跡のように思えます。

また火の五行と金の五行が出会えば音が響き渡ると言われていますから、この年に中島美嘉さんの歌声が日本中に響き渡ることになったのでしょうか。

何とも不思議な偶然が起こります。

その後も順調にヒット曲を飛ばし瞬く間にトップ歌手へと駆け上って行きました。

さてさて志望の学校に合格して輝く星を手にした方はおめでとうございます。この喜びをいつまでも忘れずに次の新しいステップに進みましょう。

全力を尽くしてまだ結果待ちの方、星が頭上で輝く時はこれからです。もうちょっとの辛抱。

そして来年以降にお預け確定の方も、一度壁にぶち当たってそれを乗り越えて成長してから手にした時の喜びは格別ですよ。

いつか空に星が輝く日が必ず来ることを信じて。

———————————
当時は何ともすごい女の子がデビューしてきたなと鮮烈なイメージが残っています。
いくつもの代表曲がありますが、私はデビュー曲のこれが一番好きかな。
今でも色褪せることない曲。