メール鑑定メニュー終了のお知らせ

こんにちは。
占いサロンひなたの綾野結麻です。

本当に久しぶりの更新になってしまいました。

久しぶりになってしまった理由の説明は簡単に言うと、ある病気
にかかっていまして体調がすぐれなかったからということなのですが、
それはまた次の機会に詳しくお話しすることにしまして、
タイトルの「メール鑑定メニュー終了」についてお伝えしますね。

今まで、ご遠方の方やなかなか家を空けることができない
などのご事情のあるお客様からメール鑑定や、メール鑑定の内容を
印刷してご自宅まで発送するお手紙鑑定の依頼を
たくさん頂いてまいりました。

私のメール鑑定を受けられたことのある方ならばご存知かと思いますが
私の鑑定書は、命式や命盤の図も含めてかなりドスッとボリューミーです。

ご相談内容の必要によっては、タロットカードの画像も
載せたりしています。

それも遠方で来ることができなかったり、お子様が赤ちゃん!などのご事情のある方にも文章を通してでも対面と変わらないセッションを受けていただきたいなあとの思いからでした。

で、よく誤解されやすいのが

「対面よりもメール鑑定の方が提供者側としてはラクだろう」

ということ。

どこの占い屋さんも、電話やメール鑑定の方が対面鑑定より価格が低く設定されているのでそう思われがちですが、これ実は全然違うんです。
逆なんです。

文章のみのやりとりよりも、
目の前にいるお客様と会話のキャッチボールをしながら進めて行く方がはるかに意思の疎通がスムーズでスピーディーですので、対面の方が断然ラクなんです。

私からの言葉にもお客様の方で何か疑問が起こればその場ですぐに確認して納得していただくことができます。
その点が何より一番良いのです。

「綾野はおばさんのくせにPCが得意そうだから別いいいんじゃないの? 何が大変なの?パソコンだったらペンで書かなくていいからラクでしょう?」
とか、そういうことじゃないんです……。

メール、文章のみのやりとりは、非常に効率が悪いのです。

文章のみのやりとりだけですと、お互いに相手の言わんとしている内容がストレートに伝わらなかったりする危険性がありますので、私は言葉を慎重に選びながら、私の思いが伝わるように時には図も交えてたくさんの文章を作り上げます。

ですから一つのメール鑑定の依頼には、最低でも丸々3日間はかかってしまいます。
鑑定書が完成した後は、エネルギーが抜けてしまったようになり、秘密の部屋で寝ないで反物を織り上げるあの昔話の

「鶴の恩返し状態」

になるので、短い休息をとってから次の仕事に取り掛かります。

しかし、そこまでしても、私の言わんとしていることがお客様の心に伝わったかどうか、どう受け止めてもらっているかは直接確かめることができないのです。

ちゃんとお互いの思いが伝わらなくては鑑定の意味がありません。
お客様にとってもデメリットですし、私も鶴の恩返しになってまで身を粉にしても全くムダになってしまいます。

そんなこんなで、今までそうしてきましたが、とうとうドクターストップがかかったようです。

ドクターだけではなく、信頼のおける霊感占いの先生からもつい先日「このままでは、寿命が縮むよ」といわれたので、「ああ、やっぱりね、こりゃあまずいよ!」と思いましたね。

薄々感じていたことを目の前に突き出された感じでした。

本当はもうずいぶん前々から私の中では考えていたことなのですが、
現在ご予約をされてお待ちいただいているお客様を除きまして、

メール鑑定・お手紙鑑定・電話鑑定の セッションメニューの提供を終了いたします。 別コンテンツの「子育て占い鑑定」も同様に、 対面鑑定のみとし、メール鑑定やお手紙鑑定は終了いたします。

文章でお客様のお悩み事に対応するのには、対面鑑定の30倍以上はエネルギーを消耗します。
よその占いや相談業の先生方がどう感じるかは分かりませんが、私の場合はそう感じています。

身を削るような思いをしながらでは、このお仕事は絶対に長続きしません。

それか、身を削らずに「浄霊に○○十万円、○○ヒーリングに○十万円」などの高額請求をするインチキ鑑定士になるかどちから。

私はインチキ鑑定士に身を落としたくはありませんので、細くともなが~く占術を追求する道を選びます。

今までメール鑑定を通して喜んで頂いたご遠方のお客様もいらっしゃいましたので、そのことを思いますと大変残念で申し訳ない思いなのですが、今後当占いサロンひなたは対面鑑定のみといたします。

どうかご理解下さいませ。

現在、私の対面鑑定では、ご相談内容に応じて数種類のタロットカードを使い分けてのセッションをしています。

今後は対面鑑定の際には、イーシャ・ラーナー先生の「インナーチャイルドカード」を使用するカードのラインナップに追加する予定です。

ライダー版やマルセイユ版などのスタンダードなタロットの絵柄が、世界の童話やおとぎ話の絵柄に置き換えられた、とても温かなエネルギーに満ちたカードです。

そしてこのカードはお客様自身が見て感じていただくカードです。
ただ単に、吉か凶かを断じるのではく、その時のお客様がどう感じるか?で出てくる答えも変わりますので、お客様と鑑定士が二人で作り上げるセッションになります。

ですから、鑑定をする際には、ぜひともお客様には私と会話のキャッチボールができる距離にいて、一緒にカードを見て感じていただきたいのです。

メールや電話の鑑定ではできないことです。
ですから、なおさら鑑定は対面でないとならないのです。

(運勢鑑定を一切除いた、吉方位のみをお伝えする開運メニューに関しましては、メールでお伝えする方法を継続いたします。)

いつまでも細くとも長~く、ご縁のある方にとってお役に立てる占い師でいられるように、これからも続けてまいります。

それから、今後は対面鑑定のみにお仕事を縮小する代わりに、四柱推命を学びたい・興味がある、そんな初心者さんたちに向けた個人レッスンをしていく計画を立てています。

実は先月の終りに、占い館で鑑定している現役のプロの占い師さんの方に、私の四柱推命の師匠・浅野太志先生からOKサインをもらって
四柱推命の基本の短期集中レッスンをしたところです。

私なりに内容を練り直して、興味はあるけれども全くの初心者さんや全然分からなくて挫折した方向けの個人レッスンを早ければ来年早々からでも始めたいなあと思っています。

四柱推命や奇門遁甲は先人が残した、とても貴重で尊ぶべき文化的な遺産だと思っています。

それらを大切に扱おうという思いや志のある方に伝えて行く仕事ができたらなあという将来への希望が私の中にありました。

これからもずっと、私の心のままに従って進んでいきます。

メール鑑定やお手紙鑑定を通してご愛顧下さった全国のお客様、たまにいらした海外からのお客様も、みなさま今まで本当にありがとうございました。