氣学?奇門遁甲?暗剣殺?日破、月破?良く分からない~ 間近に迫ったその海外旅行先は凶方位?!

あけましておめでとうございます。
みなさま、新年のひととき、いかがお過ごしでしょうか。

おかげ様で、なんだかんだと昨年の仕事納めは31日の大晦日となり、あまり休んでもいられず、さっそくいくつか入っている年明けの鑑定予約分の準備にかからなければならない年末年始です。

年内は慌しくてなかなかゆっくりブログが書けなかったので、ぜひ読んでほしいなと思った鑑定でのことをお正月休みの今日、ゆっくりと綴ってみます。
—————————————————————-

先月の師走12月に、新婚旅行の10日ほど前に慌てて私の所にお見えになったあるお客様がいらっしゃいました。

お客様のお困りの今回の懸案事項とは、「新婚旅行先の方位」のこと。

お知り合いの方に新婚旅行が目前に迫った頃になって、旅行に出発する日が夫婦揃ってものすごく悪い凶方位だと言われて、氣学だか鬼門遁甲だかぜんぜん分かりませんが、夜中に夢に出てくるくらいに怖くて眠れないくらいです……とのことでした。

行き先と氣学の月盤や日盤を確かめてみると、、、はいはい、なるほどなるほど、悪いと言われた原因は分かりました。

別れや離別といった象意のある九紫火星が回座するその宮には、暗剣殺と日破がついていました。

年盤と月盤にはご夫婦揃って本命殺にも当たっています。

私「九紫で暗剣殺や破れがついてるから別れるとかって言われませんでしたか?」

お客様「はい、別れるとは言われなかったけど、なんか’何とか!’みたいな怖い言葉をたくさん言われて、何十年も続くとかって言われてすごく怖くなりました~!」

これではね、、、うん、言われちゃうのもムリないかな~、でもね、すっごく大事なことなんだけどね、方位の角度の取り方間違っているんだよね、これ。

お客様が行く北ヨーロッパ方面は、!がついてる西方位じゃなくて、北西や北方位に当たりますから~。

平面の2次元の地図上で線を引くと確かに西方位になっちゃうんですが、地球を球体の立体と捉えた方位の角度の取り方ですと、お客様が行かれる二カ国は北西や北に入ります。

だから、暗剣サツ!でもないし、本命サツ!でもないし、破れもないし、大丈夫大丈夫、家庭やお母さんという象意のある二黒や、今までのことが終わり新しい変わり目といった象意のある八白も来ている方位だから、これからお仕事だけの生活からお子さんを作って家庭を大事にしたいと思っている時にはちょうど良い方位だったね。
というお話しをしました。

特に北なんかはどこかに篭って隠れて何かをするには最適な方位ですので、試験勉強とか研究に没頭したいとか、そして子作りなんかにもぴったり。

不思議だなあと思います。
幸せな人、前向きなプラスの動機に沿って行動している人は自然に自分が求めているものが来やすい方位を自分で選んでいたり、また自然に導かれたりしています。

また、本命殺の凶作用を恐れない本命星もあり、お客様ご夫婦はそれに該当していました。

そして、凶方位にどうしても行かないといけなくなった時のとっておきの、これ元神社本庁にいらした神様事に大変詳しい先生から教えてもらった知る人ぞ知る凶方位祓いの秘伝の方法もお伝えしました。

そこまで説明するとお客様はかなり安心された様子。

さらに、もともと四柱推命などで運の強い人や良い運気の時期に当たっている人は、多少の凶方位の作用など何でもない、あったとしても蚊に食われた程度の一時的なもので終わっちゃうものなんですよ。

だって私、暗剣殺や五黄殺の方位に何度も引越ししてもまるで何でもなかった、もともと強運の方を知っていますから。
また、そういう人は吉方位の吉効果も出やすいものなのです。なんて話しもしました。

するとお客様の中で何か気付きがあったようで、
「そうですよね~! 方位だけで全てが決まるわけじゃないんですよね~! もともとの運勢の影響ってあるんですよね!!」

そうそう、そこすごく大事なんです。
何でもかんでも方位のせいにしていちゃダメなんです。

だから方位鑑定だけじゃなくて、運勢をちゃんと見ることも欠かせないわけなのです。

そんなようなことで、今日から安心して寝られますとのことで、せっかくの新婚旅行、安心して旅立つお役に立てて何よりだったなぁということがありました。

方位鑑定はこのように世間一般の皆様に広く認知されていてニーズの高い氣学も扱っていますが、今年からは自分の運を作り出している四柱推命の命式に足りない五行の方位の気を取り入れる透派の奇門遁甲の方位鑑定に力を入れていく予定です。

近日中に、奇門遁甲の提供内容などをリニューアルする予定です。

お楽しみに。

ひなた本サイトも実はガラリとリニューアルの最中です。(2年くらい前からすでに今のに飽きていたので……物とか趣味とかハマっていることに関しては、気が変わりやすくて飽きっぽいです。)
鑑定業務と平行してやっているので進捗状況はなかなか亀の歩みですが、春までには完成させたいところです。

—————————————————
さてさて、占い鑑定の仕事を始めて4年が経ち、そして今年2017年の秋で6年目を迎えます。

当初は力のある競合も多く何のコネも人脈も何もなく、収入も不安定極まりないこの業界で、自分一人でやって行ける自信などまるでなく、そんな私が4年も5年もやってこれているという事が信じられませんが、少しずつ、でも着実にお客様は増え、喜神運に入ってからは専業占い師とならざるを得ない状況となり、得難い良き師や仲間たちとの出会いもあり、何かに導かれているのでは?という気がしてなりません。

この私にとって喜印の火の五行の大運と年運が巡る開運期の流れに上手く乗って、行き着く所の、今まで自分が行ったことも見たこともない未知の世界に運ばれてみたいと思います。

占術の技術知識のレベルアップに今後もますます努めて行く予定ですが、今年からは占い鑑定や講座ワークショップ活動以外の新たな試みを当ひなたサイト内で始める計画が何と大晦日の日に急浮上してしまいまして、また何かと閑のない一年となりそうです。

本年もどうぞよろしくお願いいたします。