金運の良い人・美しい人

先日我が家の1番目と2番目の子供の進路の希望が一応決まったということをブログ記事にしてアップしました。

そうなりますと残るは一番末の娘です。
しかしまだ11歳の小学6年生。

ただ、この人はうちの3人の子供たちの中で将来ダントツに金運が良いのが分かっています。

四柱推命の命式の中に「日主の○○」があるからです。
(○○の部分は企業ヒミツなので内緒!)

特別に勉強ができるわけでもなく、これといった才能があるわけでもなく、ただ何かあるとニーッと笑ってごまかすことだけが特技みたいな子どもです。

そして、この人の金運の特に良い時期が14歳からの大運で来ていますので、そんな子ども時代に金運の良い時期が来ても……一体何で稼ぐわけ?ということなってしまいます。

親の保護下にある場合、子どもは親自身の運勢傾向に影響されやすく、自分の持って生まれた運勢傾向はなかなか出現しにくいという事実があります。

今11歳なのでもう間近に迫っています。
欲張りの私、せっかくの金運の良い時期をムダに過させたくないなあとも思います。
さて、どうしましょうか……。

娘に将来は何になりたいの?と聞くと、無邪気に「モデルさん」といいます。

モデルさんというならば……そこで、今ではちょっと懐かしい感がある方ですが、パリ・コレの舞台にも出演して世界のコレクションで活躍した日本人スーパーモデルで女優の私が好きな川原亜矢子さんのお誕生日から命式を出して彼女の特徴を見てみました。

川原亜矢子さん
1971年4月5日生まれ
年 辛亥
月 壬辰または辛卯
日 庚申
時 ●●

生まれた時間が不明なので月柱が辰月なのか卯月なのかどちらか分からないというのと合わせて、格局は判別しかねますが、いずれにしろ比劫と食傷が強い命式ですね。

そして川原さんのこの命式、さっき出てきました「日主の○○」がどちらの月にしろしっかりとはいっています。
「日主の○○」は金運の強さだけではなく、女性ですとスタイルの良さが特徴として表れます。
天は二物を与えることもあるのですね。

比劫は体を使うという象意がありますし、食傷は表現能力です。
ですので彼女がモデルさんや女優さんとなって活躍していったのはすごく納得の命式です。

続きまして、今度はモデルさんではないのですが、先月のリオデジャネイロオリンピック閉会式の2020年東京五輪プレゼンテーションでの世界が驚愕する素晴らしいパフォーマンスショーの総合演出を担当した振付師のMIKIKOさん。

今はアーティストたちの振付の先生のお仕事をメインでされていらっしゃいますが、もともとはご自身がダンスパフォーマンスをされる方で、なかなか雰囲気のあるステキな魅力のある方です。

MIKIKOさん
1977年8月11日生まれ
年 丁巳
月 戊申
日 庚子
時 ●●

これも偶然か川原さんと同じく日主が庚の命式ですが、やっぱりこちらも食傷は地支にしっかり強いです。
そして、この命式の中にもちゃんと「日主の○○」があり、自分に金運の良さを引っ張ってくるエネルギーの流れができています。

スタイルの良さに加えて、体を使って表現する才能があり、それが財となって本人に流れ込んでくるといった様子が伺えます。

もともと良い仕事に恵まれ金運も強い方なのですが、大運を見てみますと、これからMIKIKOさんは金運が順調な時期を迎えますので、東京五輪が終わった後もきっとご活躍されることだろうと思われます。

で、それでうちの娘。

偶然か上記のお二方の命式に似ています。

日主も同じ庚なのはいいのですが、比劫と食傷が強いのも同じ。
食傷はものすごく強いです。

そして命式中には大事な「日主の○○」があり、自分に財を引っ張ってくるエネルギーの流れもしっかり持っています。

そういえば、小顔で私に似て背が高く、私に似ず余計な肉は付きづらい体質のようで、たまにうちの中で良く分からない踊りをしていたりします。

若さとスタイルの良さは大きな武器ですから、モデルさんでもやると稼げるかもなあ、さてどうなることでしょうと呑気に少しばかり楽しみにしているこの頃です。