折符の個人レッスンとそして……神様とお近づきになる方法

おとといは、白山のサロンで折符の個人レッスンを開催しました。
当日レッスンを受けに見えたのは、その前の週に占いの対面鑑定にお越しいただいたお客様でした。

折符も是非に!とのことで、今回マンツーマンでのレッスンとなりました。

ちゃんと効果を発揮する折符を折るために欠かせない、場のお清めのお作法をお伝えして、それから実際の折符の折り方のレクチャーに入って行きます。

まず私がデモンストレーションで折り、その次に一緒に練習用の紙で折り、そして次に本番用のきれいな紙で折って折符を作っていただきます。
そんな三段階方式でやっています。

こんな感じ、

2人で折っているので、練習で作った折符がどんどんたくさん出来てしまいました。

この日は、和合符、小財符、大財符、就職符とそして2種類の清め包みの作り方をお伝えして、普段のお持ち歩き用に清め包みに包んだお守りセットを作っていただき、練習で作った折符は帰ってから後々で見返せるように見本としてファイルしてお持ちかえりしていただきました。


折符を楽しく折りながらおしゃべりがてらにお客様から聞いた話しによると、先週の私の鑑定でのアドバイス通りにお住まいの近くの神社に行って、私が教えた通りの要領で「神様に願いが伝わりやすくなる参拝のコツ」をさっそくやってきたら、何と何と、恋愛方面でも、またこれからチャレンジしたいお仕事方面でもとっても良い急展開なことがあったそうで……、教えた私もびっくりですが嬉しいですね。

鑑定した後に、「こんないいことがありました」という報告を聞けるのは私もとても嬉しいです。

もともと、素朴な信仰心のある熱心なお客様でしたので、神様へも気持ちが伝わりやすかったのでしょうね。

今回お伝えした折符でも良いことがありますように。

今月6月は夏の大祓式「夏越の祓い」が全国各地の神社さんで行われます。
私も今月末は地元の神社さんに行ってくる予定です。

穢れを落として無病息災を祈るため、夏の大祓いではこういう茅で作った輪をくぐります。
くぐる時にも「右に○回、左に○回まわる」とお作法があって、低血圧の私は目がぐるぐる回る~

でも、こうやって昔から伝えられてきた行事一つ一つを楽しみながら神社さんに親しむと、ご祭神の神々様たちとの距離もグンと近づく感じがします。

皆様も良い夏を迎えるために、神様とお近づきになるために、是非時間を作って行かれてみて下さいね。