子供さんの受験についてのご相談

今年もこの記事のタイトル通りのご相談がお母様より寄せられる季節となってまいりました。

かくいう我が家でも、現在中3の娘がおりまして、ご相談者のお母様たちと今年は同じ立場でおります。

先日、断易で東海林秀樹先生に
「3週間後の内申書に関わるとても大切な今学期末の試験の結果はどうなるでしょうか」
と見ていただいたところ、「うん、やっぱりね……、」という結果が出ました。

先生は、「そんな危険なこと、ズバリ占っちゃっていいの??」と躊躇されていましたが、
私は志望校が受からなければそれはそれで別の道があるし、娘にとっては学校の勉強だけが全てではないなあと思っていましたから、是非結果が知りたかったのです。

断易は「これはどうなるか?」という質問に対して、結果の吉凶とその原因などがとてもハッキリと出る占術です。

先生曰く
「もうちょっと時間に余裕があれば、色々と手を打てたのに……、3週間じゃあ短すぎるね。」ととても残念そうでした。

まあ、いいんですよ……。

みな様、お子さんの受験に関しての占い相談は、私のように直前になってからよりも、1年前くらいからの余裕を持ってなさることをオススメいたします。

今日は、お子様の進路について、ちゃんと1年以上前から考えて先日、子育て占いのメール鑑定を受けられたお客様からいただいたご感想メールの一部をご紹介しますね。

*–*–*–*–*–*–*–*–*–*–*

この度は鑑定ありがとうございます。

色々心当たりがあることがありました。

志望校に関しても、○○大または●大系列の学校を(学部が文系理系芸術系と選択幅が広い)考えています。
高校からも入れるので万が一という時も本人にとってはいいかなと思っています。

心が定まっていない件は、子供と勉強以外の息抜きをさせながら聞いていくようにします。

塾の面談も今までは先生と私だけで決めていました。
結果が本人が投げてしまいたいと言う気持ちになってしまった。
今後は本人を同席させて本人の気持ちを第一に決めてスケジュールを組んで(大人の押し付けにならないように)あげようと思います。
塾の言いなりにならないように、私が貴方の味方だよという姿勢で接していかないと。。思ってます。

最後に、鑑定お願いしてよかったです。
今後も色々選択があった時に、大きなヒントにします。
また困った時には相談させてください。

*–*–*–*–*–*–*–*–*–*–*

ご相談ごとを抱えたお客様への占い鑑定では、
運勢や本人の適性を読み解くことのみではなく、
その時のその当事者の心の状態を見ることが絶対に欠かせないのです。

なぜならば、未来の運勢は本人の心のありかたによって作られていくものだからです。
その時の心の状態で選択した未来を辿る、そして人生が決まって行くのですから。

心のあり方も四柱推命や紫微斗数の命盤に出ることもありますが、
問題にぶつかった時の、その時のピンポイントの心の状態を細かく見ること
は、やっぱりタロットやインナーチャイルドカードなどにはかないません。

だから、メール鑑定でも必要に応じて、タロットカードでの鑑定結果ものせています。

思い当たることが多々あったようですね。

独特の才能が豊かなお子さんでしたので、うまくそれを開花させるようにアドバイスいたしました。

一年後の今頃に、親子で笑顔の花が咲くように応援しています!