四柱推命で見る、対人恐怖症の人のパターン

こんにちは。
ひなた四柱推命鑑定ルームの綾野結麻です。

「人とオープンに関われない」、
「他人に対して、どうしても壁を作ってしまう」

というお悩みを抱えている方は、案外多いものです。

本当は、そのことで、すごく悩んでいるから、
占ってほしいのに、

知らない人と会うのが怖いから、
占いの対面鑑定に足を運ぶこともできず、
メールでお悩み相談することさえ、どうしようかと躊躇しますので、
1人で悩んでいます……。

そんな人もきっといることでしょう。

そういう対人恐怖症のようなお悩みを持つ命式のパターンは、

日干(自分自身)のエネルギーが弱い、弱身命で
財(ざい)のエネルギーがとても強いという、

そう、四柱推命では良く知られている言葉、
「財多身弱」(ざいたしんじゃく)という
お金に困る典型のパターンです。

どうして、財多身弱が対人恐怖症のパターンなのかというと、
このパターンで、真面目にお勤めをしてお給料をもらって、
身の丈に合った生活をしているのならば、お金に困ることは、
それほどないのですが、

お金に困っていない場合は、
自分のことを周りはどう思っているのか、
周りに嫌われないようにするのには、
どうしたらいいかを必要以上に気にし、

いつも周りの人の顔色をオドオド窺うようになり、
その結果、人と関わることが怖くなってしまうという
忌象(ぎしょう・悪い症状)が出てきたりします。

それは、「財」というエネルギーが、ただ単に金運だけを見る
ものではないからなのです。

「財」のエネルギーは、人の気持ちを察する能力、
空気を読む能力です。

でも、運の低迷期に、このエネルギーが過剰に多くあり、
悪く働くと、人の気持ちが必要以上に気になり、
いつも空気を読みすぎるくらい読み、
それが対人恐怖症のような状態に繋がっていくのです。

周りの人間からしたら、
「いつもおどおどしてて、人の顔色窺って、
気を遣ってるのは分かるけど、ちょっと重いなぁ~」
というタイプですね。

他に、対人恐怖症のパターンは、
同じく日干が弱い弱身命で、

自分を表現する「食傷」(しょくしょう)というエネルギーも弱く、
また、自分を抑える「官殺」(かんさつ)というエネルギー
が過剰に強すぎ、「印」(いん)という自己愛のエネルギーも
強いパターンですね。

これは、自分に自信もなく、自己表現もせずおとなしく、
自分を抑えてしまって、自分の世界に閉じこもる、
完全に内向的な性格ですね。

でも、この場合は、「人と関わりたいけど、関われない」
に加えて、「他人には興味もなく、1人でいる世界が好き」
という対人恐怖症とは違うパターンの人もいるでしょうね。

これは、周りからしたら、
「何考えているんだか、分かんないヤツ」
なパターンですね。

このタイプの人で日干が強く、財が弱ければ、
それはもう完全に
「他人には興味がありません、私1人の世界が全てです。」
という人になってしまいますね……。

みなさんは、この3つのパターンのうち、
どれが一番好きですか?ではなくて……、

「本当は他の人みたいに私ももっと、
周りの人と、出合った人と、
オープンに楽しく関わりたいのにできない……」

「知らない人と、お話しなくちゃいけない時、
もう、めまいや動悸がして、逃げたくなっちゃうんだけど……」

そんな人は、一体どうしたらいいんでしょうか。

心療内科を受診して、ケミカルなお薬で治療するんでしょうか。
いえいえ、違いますよ~。

その改善法は、また明日のブログでお伝えします!
お楽しみに