四柱推命で見る、占い師に向いている人

こんにちは。
ひなた四柱推命鑑定ルームの綾野結麻です。

今回は、四柱推命で見る、占い師に向いている人は
どんなタイプかをお教えしますね。

まずタイプその1

 命式中で、印綬が強い

これはどうしてだかと言いますと、
印綬というエネルギーが強い人は、たいてい不思議なこととか、
スピリチュアルなこととか、
あの世の世界の話とかに興味を示す人が多いんです。
(まあ、オタクですね。)

それから、アート・文化系にも絶対興味があるもんですから、
占いは文化的要素の強いものですので、
超ストライクゾーンです。

印綬でも特に、丁(ひのと)が印綬に当たる人は、
丁(ひのと)自体がもう、文化を表しますので、
そんなものが、自分自身を表す日干の真横にいる命式の人は、
占い師、とってもオススメです。

タイプその2

 命式中で甲(きのえ)のエネルギーが強い

甲(きのえ)は、情けや思いやりが深く、愛情深いのが特徴。
お客様の気持ちを良く汲んであげる、こころ優しい面があります
ので、つらいお悩みを抱えて相談にこられるお客様にとって、
救いの神ですね。

また、直感に優れている所もありますので、
タロットなどのカード占いや、断易などの卜占(ぼくせん)
に向いているかも。

「私も占い師になりたい!」と思われる方は、
是非チェックしてみて下さいね。

ちなみに私は、どちらのタイプなのかというと、1番です。

別にオタクという自覚はないんですよ~!
至って普通に好きなことをしているだけなんですけどね。
でも周囲の人から見ると、やっぱり普通ではないらしいです。

それに、甲は私あんまりというかほとんどありませんが、
冷酷無情な冷血占い師ではありませんので……。

そして私は、四柱推命以外にも、紫微斗数で見ても、
西洋占星術で見ても(みずがめ座ですから)
何で見ても大抵の占いで、どういうわけだか
占い師に向いていると言われてしまうんですよ~。

どうしてですかね~?