生まれて間もない小さい子供の四柱推命鑑定

8月に入って少ししてから、学校の教職員の方からの鑑定のお申込みがチラホラと入っています。

滅私奉公な上に何かあれば全て先生学校のせい、だって児童生徒や保護者は大切なお客様なのですからという風潮の昨今、今や学校の教職は大変な激務の時代ですね。

私は自分の子供たちがお世話になっている側ですので、あのようなお仕事を長年務められて、世の中にたくさん卒業生を送り出して来られた方には頭が下がる思いのこの頃です。

もう平成最後の夏休みは終わろうとしていますが、ぜひ長期の休みを利用して鑑定にいらしていただければと思います。

さてさて6月からメール鑑定をお休みしていました。

占い鑑定以外のイレギュラーのお仕事が入り、これと対面鑑定を両立するのは無理・・・という事情ゆえでしたが、暑さが落ちつく9月からまたぼちぼち再開する予定です。

そして今回は休止していなかった子育て占い鑑定の方でメール鑑定の依頼をいただきましたお客様から鑑定後に届いたメールです。

-----------------------------

鑑定結果を送ってくださり、ありがとうございました。

さっそく拝見させていただいて、良いことがたくさん書いてあって安心しました。
子供たちはまだ小さいので個性がはっきり見えていないので、こんな適性があるんだ!と意外な気持ちで読んでいました。

自分自身のことは、とても当たっていました(^o^;)
自分が長所として認識していることに太鼓判を押していただいた気分です。
また、子供たちに助けられていることを自覚して、感謝して過ごしていきたいなあと思いました。

今回の鑑定結果をこれからの子育てに生かしていきたいと思います。
この度はありがとうございました。

-----------------------------

生まれて間もないお子さんの四柱推命の命式が悪いのではないか・・・というご心配をなさっての鑑定でした。

命式を拝見してみると、、、命式が悪いと思われたのは戊の日干に根っこがなくてとても弱そうに見えたからかな・・・?

はい確かに内格の身弱の命式で、比劫は天干にも地支にも日干の一つだけで根っこはありません。

でもでもです、この日干は午の日支の印綬からしっかり生じられていて強いです。
これはとても良いことで、きっとしっかりした頭の良いお子さんになるでしょう。
(これはもうごくごく初級的な見方で分かること。)

また時干の乙木と日干の関係も良くて戊と乙の関係は草花(乙)と、それを美しく引き立てる花瓶(戊)の「名花鮮瓶・めいかせんびん」と言われる良い関係です。
日柱はしっかりして強いし、官殺とのバランスも悪くない命式です。
そしてほどほどの財運にも恵まれそうです。

なので「官殺から剋されて悪い悪い!」というわけではないケースです。
だから将来はきっと真面目で正義感と責任感の強いお子さんに育つことになりそうです。
楽しみですね。

そして、頭が良いとか真面目で責任感が強い、はたまた金持ちになりそうなどは赤ちゃんバブバブのうちはいくら親でも当然端から見てて察することはできないでしょうから、こういった小さいお子さんの鑑定は「意外がいっぱい!」になると思います。

また一緒に鑑定をしたお母さんの四柱推命の命式と紫微斗数の命盤からは、美的センスに優れていて表現することが得意で、自分が楽しめる趣味や好きで得意なことなどを大切にして生活に活かしている方のように見えましたのでそれを伝えましたら、当たっていたようです(^^♪

こういう面は仕事だけではなく、家庭の中で小さいお子さんたちの心を育てていくためにもきっと役に立つことでしょうから、お母さんとして是非思う存分に発揮していただきたいですね。

今回は、まだ小さい本当にこれからのお子さんたちと、そしてかつての小さい子供さんだったお母さんの鑑定でした。

今はネットで生年月日を入力すれば簡単に命式が出せますから、自分で命式の八字の並びを見ることはできますが、それを「悪い命式ではないか……」とそう悪くもないかもしれないのに思い込んでしまうのは、特に生まれてきたばかりのお子さんのことをそのように気掛かりになってしまい、生まれてきたことを純粋に喜べなくなってしまうのはものすごく残念なことですし、あってはいけないことだと思います。

まあ良くない命式というものもあり、そう都合よく世の中全員良い運命・良い命式の人ばかりなんてことはありえないわけですが(そんな良いのばっかりだったら世の中全ての人が何の困りごとも苦悩もなく豊でハッピーじゃないとおかしいということ……)

でも特に人生始まったばかりの幼いお子さんの本当は良さも持ち合わせているものを「とにかく悪くて不幸」と親が思い込んでいるというのは非常に不健全なことではないかな、そんなんだったら害にしかならないので最初から運命を読む占いなんかに近づかない方がいいんじゃないのかな?と思ったりもします。

それでも自分や身近で大切な人の運命を覗いてみたい……なんていう思いにつき動かされて色々調べてみたりするのだと思います。

私もそうなので気持ちは良く分かります。

でもどうせ覗き見するのならば、良くも悪くも当たっている覗き方の方が良いですよね。

特に四柱推命は基礎をしっかり身につけるだけでもずいぶんと時間のかかる占いの中でも難しい部類に入るものですので、自分で調べてみて「悪いのでは~……」と思っている場合は、覗き見の仕方が間違っている可能性が大いにあるのではないかなと思います。

今でも私が勉強を続けていてこれからも多分ずっと続けて行くつもりなのは、お客さんに来てもらいたいからとかそういうことよりも、もっともっと自分や身の回りの人の持って生まれた運のことを「どうなっているのかな~」と知りたいからです。

全く変な趣味ですね。