本屋の店主になりました

何週間振りのブログ更新になるでしょうか。
私のこのブログ更新が止まっている時は、鑑定業務で忙しいか、新しいサイト作りで忙しいか、または私が死んだかのいずれかの時だけです。

で何でここのところ忙しかったのかというと、お陰様で鑑定のお仕事の方も忙しくさせていただいていたのもありますが、先月の後半から普段の仕事の合間に寝食を惜しんで?心血を注ぐようにして?作っていた久々の私にとってはこの「超大作」のためでした。

寒い季節だったから、何事もなければかわいい色の毛糸たちを買ってきて、北欧のノルディック柄のミトンなんかの作り物を楽しみたいところでしたがそうではなくて、こんなものを作っていました。

「ひなた網路台湾書籍部」

ひなた網路台湾書籍部
 icon-fighter-jet 2017年丁酉年、春に開業しました    icon-share-square-o 新着書籍&コラム情報メールマガジン配信しますicon-lightbulb-o 出来る人、勉強好きな人は実は読んでます|台湾

 

新たにサイトを立ち上げました。
ここで私は本屋さんの店主となってしまいました。

本屋さんといっても普通の本屋さんではなくて、占いの専門書籍、それも東洋占術のメッカ・占い大国・台湾の占い本を取り扱うオンライン書店サイトです。

どうしてまたそのようなことになったのか?は、これはもう何とも言えない偶然というか良いヘルプが来たシンクロというかで……。

「ただの思いつきで言うだけだから、真剣に受け止めてくれなくていいんだけど、絶対に自分にもお客さんにも役に立つから、気が向いたらこういうのをやってみれば?」という私では絶対に思いもつかなかったサジェスチョンをくれた人がいて、そして我が家の一番上の娘が台北に行くというタイミングがたまたま重なって……、協力的な中国人、台湾人の方との縁もたまたま持ち合わせていたし……ということで・・・「んっ? これはすごいっ! 是非やりたい!」の気持ちに話しを持ちかけられた瞬間、火がついてしまったからで……。
(年末の大晦日のできことでした。)

運の後押しがいただける時期になって時が満ちて、運が良い方向に動く時は、吹き荒れる逆風に打ちのめされながら逆らうような無理なことをしなくても、動き出しやすい春の暖かな季節が来るように自然にシンクロが起きて、流れに乗っていたら自然に運ばれていたということになるもんなんだなあ~と実感しました。

もともと作り物好きで凝り性なので、その場しのぎの間に合わせ的な作り方では絶対に気に入らない性分ですから、本屋さんのWebサイト制作作業でついつい寝不足の日々になってしまいましたが、自分のお店を作るという作業はなかなか楽しいものでした。

そして、この冬休みに一人で台北に渡っていた娘に初回入荷分の書籍の調達をしてもらいましたので、今回並んでいるのは数は少ないですが、娘が不慣れな土地で北京語・英語ともに文盲状態にも関わらずたったの一人で、母が作って持たせたお買い物リストを片手に、日本の自宅からLINEでリアルタイムで「あっちに行ってあれを買ってこい、それが終わったら今度はあそこの店に行ってあれを買ってこい、その店になければ今度は地下鉄に乗ってあっちの駅から少し歩いた所にあるこの店に行って在庫があるかどうか店の人にメモを見せて聞いて来い、買ったら写真を撮って送れ」と送られてくる母の鬼のような指示通りに動いて頑張って買ってきてくれた本たちです。

同じ頃、不慣れな場所で言葉ができなくて気遅れするから美味しい飲食店に入れずにコンビニ弁当ばっかりで、不安いっぱいなのに頑張って母のおつかいをしている娘以外の他の家族は、お正月で賑わう浅草浅草寺の本堂から雷門まで、素晴らしいパワースポットの強いエネルギーが通る仲見世を眼下に一望できる浅草文化観光センター最上階の「アサクサ ミハラシ・カフェ」で優雅で幸せなチーズケーキのカフェタイムのひととき・・・。
日本で暮らせるって、しあわせ~♡

 

紫微斗数の命宮に貪狼星が入っているせいか、「わざわざ台湾まで行って一軒目の本屋でお目当ての本がなかったからなんて言って簡単に帰って来るなんて許しません! 絶対に諦めません、この手の中にゲットするまでは!」の気持ちになってしまうのですね~。

私と違い身弱の命式で、海外に限らず国内近隣のお出かけですら自分で先頭に立って目的地の計画を立てるなんてことはできず、人の後をついてくるようなタイプの娘にとってはさぞかししんどい一人旅ではなかったのかな?と思いますが、歴史的に日本との関わりが深く、とても親日的で温かい人情があり治安も大変良い台湾なので私も安心してできた事でした。

でも今度は娘だけで行かせないで近々私も一緒に台北に行き、娘に現地の郵便局からの書籍の送り方の現地実習レクチャーをしようと思います。
だってやっぱり占いのこと以外にも、自分の目で見たいものがたくさ~んあるから!

そして「台湾らしい写真を撮って送って」という指示通りに撮ってきてくれた写真は、サイト内の写真素材として使いました。

これは日本の占術研究愛好家の間でも良く知られている、台湾の占い書籍専門店といえばここ、華西街観光夜市アーケード内の「進源書局」、こちらの店舗内の様子です。
並んでいるのはぜ~んぶ占いの専門書。

そして横浜中華街ではありません、華西街観光夜市の門。

また、こちらは台北市内の別の占い専門書籍店の店舗内。

台北市内だけでもこのような占いの専門書籍店がいくつもあるんです。

また、お客様から先月の対面鑑定の際にいただき、かわいいイチゴの実がたくさん実りはじめたワイルドストロベリーの苗も写真素材作りに活用させていただきました。(Mさま、お約束通りにブログに掲載しましたよ!見てるかな~?)

ただ今現地の協力スタッフさんに新たな書籍の調達をお願いしている最中です。

本は子供の頃から好きで、その頃から本に携わるような仕事がしたいなあと思ってはいたのですが、まさかこのような形で色々な方たちのご好意に助けられて本屋さんの店主になるとは思いもよらない事でした。

今はとりあえず販売サイトを作り上げただけという状況ですが、今後サイト内では「台湾の本なんか買っても読めないんだからしょうがないでしょ!こんなのどうするのよ!」というような方や、占術のより良い情報に興味のある方たち向けに、「この書籍のこの部分には、このような事が書いてありますよ~」とか、「辞書や中国語の文法の本を使って中文を読み解くためのヒント・コツ」など、台湾の占い書籍の魅力をお伝えする読み物のコンテンツも徐々に増やして行く予定です。

まだまだしばらく忙しいのは続き、北欧ノルディック柄のミトン作りは今シーズンもまたお預けとなりそうです……。