「愛」か、それとも「恐れ」か、どっちを選びますか?

人生の節目、分かれ道、岐路

こんにちは、ひなた四柱推命鑑定ルームの綾野結麻です。

あなたがもし、どうしようか迷って考え込んだ時に、
「愛」に基づく感情で選択して物事を決めますか?

それとも、「恐れ」に基づく感情から
物事を選択、決定して進めますか?

例えば、結婚しようかどうしようか迷っている相手がいる。

お相手からも、猛烈アタックがあって、家族や外野からも
「いい年なんだから、さっと落ち着きなさい」とプレッシャーをかけられている、

そんなこんなで、自分でも、
「そうねー、ちょうどいい年だし、まあ結婚する流れかな~。
これを逃したらもう後がないかも知れないし、
そろそろ職場での居場所もなくなっちゃいそうで、
結婚して職場から脱出するのもいいのかもね。」

でも、本当の本当の本心では、

「私の一生を共にする相手は、この人じゃない、
何かが違う、結婚してくれそうだから、
がまんして付き合ってるけど、やっぱり、受け入れられない何かがある……。」

という時は、その結婚という選択は、
もう年だから後がないとか、職場での居場所とかの「恐れ」に基づく
感情による選択です。

これは、心理学で言われていることなのですが、

「恐れ」に基づく感情で物事を選択すると
その物事はかならずうまく行かない、

「愛」に基づく感情で物事を選択くると成功する。

そんなふうに言われているのです。

「愛」の感情による選択とは、この場合、
本当に相手のことも大好きで、
心の底からずっといつまでも一緒にパートナーとしていたい、
私の大切な存在、と思った時に結婚へのステップへ進むこと。

これは結婚に限ったことではく、進学先の進路を決める時、
仕事の選択をする時、引っ越そうかどうしようかを
迷っている時でも同じです。

私自身の経験で言いますと、
以前に、働かなくては家計も苦しいので、パート勤めに出ようと思い、
はっきり言って好きでもなんでもない仕事をお金のためだけにやっていました。

でも、占いや占術の勉強が大好きな私は、
本当に自分が好きな占いを仕事にして生計を立てるという
選択肢もあるのではないかと思ってはいたのですが、

「もし、今の勤め先を辞めて、占いで自営業を始めても、
お客さんが来なくて失敗したらどうしよう……。
次の勤め先なんかそんなに簡単に決まるものじゃないし……。」

という恐れの感情で、占い屋さんとして本格的に活動することに
足踏みしていたことがありました。

でも、今のご時勢勤め先があるだけでもありがたいと
過酷なガテン系のお仕事を真面目に頑張っていたら、
体調を崩しがちなり、仕事を休み、結果職場にも迷惑をかけ、
お給料の手取りも下がり、

体調が持ち直してまた仕事に通えば、
精魂尽き果てて、クタクタに疲れ果てている毎日……。

結局悪い方向に転がってしまいました。

そこで、
「本当は、私何をやっている時が幸せなんだろう」
と自分をゆっくり省みた時に、自分も楽しくて幸せだし、
人様にも喜んでいただけることは、ちょっと覚えればだれでもできる
パートのお仕事ではなくて、この占いなんだ!」
と思い、パートの職を辞めました。

「仕事辞めちゃって、収入が無くなって、その上不安定で
うまく行くかもどうかも分からない自営業、この先どうするの?」
などという不安は振り払って、

「こうしたら、もっとお客さんが喜んでくれるんじゃないかな」
ということにフォーカスしてワクワクしながら自分の占い屋さん
作りを日々進めていったら、今ではもう、パートのお勤めに出なくても
いいくらいの鑑定依頼をおかげ様でいただける様になりました。

「愛」に基づく感情で選択するとうまく行く、
の言葉を体感したわけです。

浮かんでくる「恐れ」は、自分で失敗から自分を守ろうとして
勝手に作り出している幻想です。

どうかそんなまぼろしのような「恐れ」に負けないで、
「愛」に基づく選択をして、後悔のない人生を歩んで下さいね。

不安で押しつぶされそうになった時は、
四柱推命や紫微斗数の占いで、自分の持って生まれた
人生の青写真を知り、フラワーエッセンスで感情のケアをすることを、
おすすめいたします。