四柱推命で見る、財運、金運が悪かったら……

こんにちは。
ひなた四柱推命鑑定ルームの綾野結麻です。

連日の猛暑にこたえ、もうすでに、
今から秋の季節が待ち遠しくなっている私です。

占いで、「金運が悪い」と言われたら、
当然ショックを受けますよね。

将来、仕事に困って貧乏になるんじゃないかとか、
借金取りに追いかけまくられる将来とか、
思いはもうどんどん、ネガティブなことばっかりに
行ってしまいますよね。

でもね、四柱推命の占いで見て、金運に関わるところが
弱いというのは、ただ単にお金に貧窮するとか、貧乏生活
とかそういうことじゃないんですよ。

お金儲けが苦手だし、もともとお金に執着がないから、
ちゃんとしたお勤め先で働いて、お給料を貰う生活で、
幸せになりますよ、とか、

会社をたてて従業員をたくさん雇うほど稼ぐ能力はないけど、
家族で生活に困らない程度の収入は得られますよ、とか、

あまりガツガツお金儲けのことばかり考えていると、
借金に困りますよ、とか、そういう風に読み取るんです。

伝える側も、「金運が悪い」だけじゃ不十分なんですね。

もっと、その相談者さんの状況に合わせた伝え方が必要ですし、
たった言葉1つで、受ける印象は天国と地獄の差になるんです。

言葉の伝え方は本当に大切。

だから、ただ「金運が悪い」
という言葉だけに捉われてがっかりしないで下さいね。

これは、財運、財運に関わらず、
恋愛運や結婚運、仕事運なんかの他のことでも同じです。

ほんのささいな一言のネガティブな言葉で、
どんどんマイナスの感情に捉われてしまうことの方が、
ずーっと運を落としてしまうものなんですよ。。。

さあ、みなさんも、
暑い暑い夏本番はこれからですが、
前向きに乗り切りましょう!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする