開運期は意図せず自然に運ぶから

占い屋さんで見てもらおうと思う時というのは、何か不安なことがあったり上手く行かないことや思い通りにならないことがあったりなどして「この先どうしたら?」というケースの方が断然多いかなと思います。

その逆で幸運の波に乗っている時に占い屋さんでその幸運なことについて
「これでいいんでしょうかね?」と相談するような方はあまりというかほとんどいないのではないかなと思います。

しかし、今月の初め頃に2・3年ぶりのお久しぶりで出張鑑定に伺ったお客様はこの後者の
「これでいいんでしょうかね?」のレアケースの方でした。

もともと普通の人ではない強運のお仕事運や金運を持っているご主人についてのご相談でした。
強運の方らしくお金持ち層の方のお宅が多いとても環境の良い都内のとある地域にお住まいを構えていらっしゃいます。

何でも今年になってからとってもお得に車の購入やお引越が出来たり、またお仕事では良い話しが舞い込んで来たりでもともと強運なのに加えて更に良い事が立て続きに起こるのでこれで良いのでしょうか、そして「その期間は新しいことは何もしてはいけない」といういわゆる天空殺にも当たっているし落とし穴はないでしょうか?というご相談でした。

天空殺—空亡についてはこれはその人の命式の中で悪い働きをしているものが空亡していて目覚めないで大人しくしてくれていればそれは良いことです。

大運や年運で巡って来るものによって目覚めてしまう要注意の時が来る場合がありますが、その時にどんな影響が出るか?についてはその命式によってそれぞれ違うことですし、そして「新しいことを何も起こさず過ごす」ということだけで不運をスルーできるか?に関しては、だいたい何についてマズい運なのかが分かりもしないのにそんな引きこもりみたいな消極的なだけの策は無意味でしょうということです。

またその逆でその命式にとっては必要で目覚めていて欲しい良い働きをするはずの干や支が空亡して眠ってしまっているような命式では、大運や年運で巡って来たもので眠りを起こされるような時が一つの開運のチャンスの時期となります。

ご主人の命式はお商売や経営に関する食傷の干が空亡している命式ですが、ちょうど今巡ってきている大運でその空亡が解除されてしまっていることもあって舞い込んできたお仕事の話しがトントン拍子で上手く軌道に乗りやすいという訳なのでした。

そして今はお子さんの子育てに専念していらっしゃる奥様もそろそろ自分の得意なことを活かして前から思い描いていた自営業をして行きたいということでしたが、これまためちゃくちゃ上手く行き始める運が次の大限辺りから始まることとなりそうです。

奥様もまたもともと何らかの技術を活かしたお仕事でお金が入って来ることが約束されている典型の金運の良い命式でしたから、きっとその思い描いていた希望は実現することになりそうですね。

★★奥様の命式★★
年 丙辰
月 乙未(丁)
日 壬申
時 乙巳

この命式の財運は時支の巳が非常に重要なポイント。
「申と巳が合去だから命式からなくなっちゃっておしまい~」
で済む話しではないんです。

また紫微斗数でご主人の命式を見た時に
「今も十分素敵なお住まいの良い環境でお過ごしですが、64歳からの大限はより一段とゴージャスで立派でさらに日当たりも良いお住まいで暮らすことになりそうですよ。で、これもともとの子女宮に当たっているからお子さんからの恩恵かもしれないですね。」
と言ったところ、以前に見てもらったことのある年配の女性の霊感占い師さんに
「同じことを言われた~」とおっしゃりびっくりされていらっしゃいました。

何でも「60歳過ぎから立派な日当たりの良い家に住んでるよ。」と言われたそうで・・・。
紫微斗数占い、霊感占いとも同じ結果が出てくるもんですね~(^-^;

どんな経緯でその将来の日当たりの良い立派なお住まいに辿り着くことになるのかはまだ分かりませんが、お客様と二人で「これって知らないうちに運命の流れに乗せられて自然に運ばれているとしか思えませんね。」と呆気に取られていました。

そう、良い運が来る時には別に意識せず、大変な努力もせずとも自然と知らないうちにその方向へと運ばれてしまうものです。
またそれまで努力してきて蓄積されていたスキルや知識が日の目を浴びて役立つようになったりということも。

偶然の導きやきっかけと思えることも、これは全部巡って来ている運の仕業。

私もまああったな、そんなことのいくつかは。

私が20代の頃に興味があってちょこっと学んだ入門レベルの中国語が、簡単な文章での意思疎通くらいはできるようになっていたのと、Web制作がまあまあ趣味程度にできていたのとで今では何と収入を上げる役に立ってしまっています。

中国語は旅行とかで会話が楽しめるようになれればいいな~と思って始めたことで、そもそも「これからは中国語の時代が来るぜ!」とお金を稼ぐ目的で勉強し始めた訳ではなかったのにこのくらいのことが実際に役立つなんて面白いですね。

(私の場合には、お金を稼ぐ目的で始めた物はことごとく上手く活かせずその勉強費用は大きな散財に終わっています。●●が忌神で、◯◯が調候用神だから。)

逆にあれこれと開運法に走りたくなるような時期は本人としては本意ではない時期でしょうね。

運の後押しがない時には、辛い努力は必要になるでしょうが自分をグレードアップするような技能や知識を身につけて使える武器を育てることに時間を使うと良いですよ。

私のように無駄な散財にならないように何を身につけるか? 何に勉強費用を投資するか?については良く見定める必要がありますが、その身につけた物が良い運の波が来た時にドカっと効いてくる起爆剤になるかもしれません。

まあそんなふうに幸運が運ばれて来る時は、本人が意図せずとも、どこかに祈らずとも、ものすごい無理や努力をせずとも自然に運ばれて、自分にとって良いことが舞い込んできてしまいます。

運命学はそんな時がいつ来るのかな~?と知るためのものなのです。