紫微斗数占い的中!藤原紀香さん・片岡愛之助さんご結婚

占いサロンひなたの綾野です。

本日結婚会見の報道がありました通り、女優の藤原紀香さんと歌舞伎俳優の片岡愛之助さんがご結婚されました。

おめでとうございます。

藤原紀香さんは1971年6月28日の午時生まれで、紫微斗数の命盤で見ますと、今年は紀香さんの大限○○宮に化禄が飛星し、ご結婚というおめでたいことが極めて起こりやすい年運にちょうど当たっておりました。

 

こういう時期は、結婚や恋愛の出会い運だけでなく、ビジネスパートナーや良い先生や良き仲間などなど、自分にとって良い影響をもたらす人脈やご縁がグンと広がる時期でもありますから、事前に予測して新たな行動に出るための準備に使いたいですね。

四柱推命で婚期を的中させるのは、良く言われているように、男性は財が強まる時期で、女性は官殺が巡る時期……というように単純なものではなく、命式によって見方が一定でなく様々で、なかなか複雑なので難しいところなのですが、志田先生が教えてくれる紫微斗数ですと、どういうわけかいとも簡単に分かってしまい、しかもこれまでも数々的中させてきた実績がありますので、本当に良く当たります。
(私自身も、悔しいかな(?)この紫微斗数の婚期の法則でも、また四柱推命での婚期でも両方当たっておりました。)

志田先生の紫微斗数の講座では、このとっても良く当たる婚期の法則の見方をバッチリお教えしています。
先日の第3期の紫微斗数東京講座の4回目の講義でも、婚期の見方をお教えしたところ、今回の熱心な生徒さんたちはみなさんすぐに理解して下さいました。

そして、出席していた生徒さんたち自身が実際にことごとく的中しており、みなさん言葉を失うほどにビックリなさっていました。

よその紫微斗数の講座・教室では絶対に教えていない方法ですので、紫微斗数の勉強をしたい!と思われる方は是非ご参加下さい。
(第4期の東京講座も、もちろん第3期終了後に開催いたします!!)

「当てるばかりが占いではない!」とはよく言われていることですが、でもまだ分からない未来のことが当てられないのでは、それは占いですらなく、単なる人生相談です。

だったなら、人生経験豊富でフトコロの広そうな、下町なんかの古びた定食屋のおばちゃんの所にでも行って、話しを聞いてもらえば、その方がよっぽど良いアドバイスがもらえたり、おばちゃんのあったかい笑顔で気持ちがスッキリ晴れて、マシというもんです。

(「実際にとんでもないパワーを持った聖人は、こういう何の変哲もない市井の単なる無名の一般人だったりする」って、港の横浜で大人気の心理カウンセラーのきつねさんこと加登鉄平さんがこの間おっしゃっていました。)

講座では、実際に「おぉ~、当たってる~、この時期はこうだったよ~」のような使える法則の数々を分かりやすくお伝えしています。

特に結婚の時期なんかは、占いで知りたいことのうちのランキングにしたら、かなり上位にランクインする内容ですよね。

それで、紀香さんですが、前のご主人との時は出会いや結婚の時期を合わせてみましても、全く婚期に当たっていませんでした。
このような場合は、決して上手く行かないという訳ではないのですが、縁を深めるにはお互いの歩み寄りと理解しあう努力が必要でしょうね。

今回紀香さんはしっかり当たっていますので、きっとお相手の愛之助さんはご縁の深い方なのでしょう。
また、昨年から10年運の大限がガラリと切り替わり、その前の10年間よりもとっても幸運に恵まれている様子が、大限命宮の飛星の様子から良く分かります。

公私ともに、良い人間関係・人脈に恵まれた楽しさや発展を享受できる10年間となっています。
愛之助さんと本格的な交際を始めたのがちょうど大きな運気の変わり目を迎えた昨年ですから、昨年から押し寄せてきた良い運気の波に乗ったのでしょうね。

本当に嬉しそうで幸せいっぱいの会見でのご様子が、今の運気の良さを表しているようでした。

どうぞ永くお幸せに。